ブロックチェーンの環境への影響:良い面、悪い面、直接、間接

本ブログでは、持続可能な社会のためのブロックチェーンの活用等について、原典が外国語のものを中心にご紹介してまいります。

本日は、海外ニュースをご紹介します。

記者:Maggie Potter @The Environmental Magazine
URL:https://emagazine.com/environmental-effects-of-blockchain/
掲載日:4月2日

ニュース内容

    • ブロックチェーンが環境に与える負の影響:
      暗号通貨をマイニングするときに、大量の電力が必要となる。ビットコインのマイニングだけで、アイルランド全体の年間エネルギー使用量が必要との計算もある。
    • 環境問題を解決するためにブロックチェーン技術を使った事例:
      米シアトルのスタートアップNoriは、大気からの過剰な二酸化炭素の除去を行う主体をサポートする事業においてブロックチェーン技術を利用する。(訳者注:Noriは、大気から二酸化炭素を効率よく吸収する土を購入して使用する農家と、お金を払って大気から二酸化炭素を除去したい企業、消費者をつなぐプラットフォームを提供する予定で、そのなかでブロックチェーンを用いるとしている。)ポセイドン財団も、ブロックチェーンを利用した”削減プラットフォーム”を使用して気候変動対策に貢献する。(訳者注:排出権を一般消費者が購入できるようにする、非営利団体によるサービス。)
    • ブロックチェーン技術が間接的に環境に与えうる恩恵:
      現在のグローバル・サプライチェーンは非常に複雑で、膨大な製品、関係者を巻き込んだプロセスとなっている。マッキンゼーのレポートによれば、消費財メーカーが販売する商品に関係する環境被害の90%は、そのサプライチェーンの過程で発生するという。(訳者注:正確には、マッキンゼーのレポートでは、典型的な消費財メーカーのサプライチェーンは、自社製品の製造過程がもたらす影響よりもはるかに大きな社会的および環境的コストを生み出し、温室効果ガス排出の80%以上、大気、土地、水、生物多様性、および地質資源への影響の90%以上をサプライチェーン部分が占める、とある。)ブロックチェーンは、この複雑なサプライチェーンに、透明性があり追跡可能な、持続可能な新しい戦略を、分散化し、安全で、信頼性のあるツールとして提供可能だ。それによってエネルギーや無駄を省くことが出来、結果的に環境への負荷を減らすことが出来る。

トークンエクスプレス社のひとこと

    • ブロックチェーンという新しい技術がもたらした環境への影響、主に温室効果ガスによる気候変動への影響について、ポジティブなもの、ネガティブなもの、そして直接的なもの、間接的なもの含め網羅的にまとめている記事です。少し内容が荒い記事であり、上記要約内に注を多く入れさせていただきました。
    • 以前本ブログで、米国マイアミのClimate Futureという企業が、これまで政府と大企業のみがアクセス可能だった排出権取引市場に、一消費者でも参加可能になるサービスをブロックチェーンを利用して提供する予定だというニュースをご案内しました。上記記事のポセイドン財団(2018年5月にマルタで登録された非営利団体)は、Climate Futureと類似のサービスを提供しているようです。Climate Futureも、ポセイドン財団も、今後排出する二酸化炭素の削減に関するものでした。

関連記事
ブロックチェーン・トークンで、誰でも排出権取引に参加可能に
(本ブログ3月30日掲載)

    • 上記記事で併せてご紹介されているNoriは、今後排出する二酸化炭素の削減だけでは不十分だという視点をもったスタートアップです。その解決策として彼らが提案しているのは、空気中の余剰二酸化炭素を「取り除く」というもの。具体的には、農家に、二酸化炭素を効率よく吸収する土を買って土地に撒いてもらい、その撒いた量に応じてブロックチェーン・トークンを発行するようです。このトークンは、吸収した二酸化炭素量を表象していて、気候変動緩和に協力したい企業や消費者に販売することができるようにするようです。Noriはその売買プラットフォームを形成します。
    • ビジネス的観点からいうと、こうした売り手側と買い手側、両方に向かって開いているサービスを開始するのは難度の高いチャレンジです。少なくともどちらか一方で大きな顧客プールを作ることが必要で、その形成に必要な、時間を含めたリソースを入手するために、どれだけ資金を集められるかという点が、このNoriの直近の挑戦となるでしょう。
トークンエクスプレス株式会社では、国内外の持続可能な社会づくりに寄与する事業・プロジェクトの企画、構築、運用サービスを提供しています。ブロックチェーン技術に知見がありますが、その利用を前提とするものに限りません。
ご関心ある方は、お問い合わせページからお気軽にご連絡ください。