高級宝飾品ブランドBVLGARI、持続可能性社会へブロックチェーン活用

本記事では、持続可能な社会づくりに関する議論やブロックチェーン活用等について、原典がフランス語のニュースをご紹介します。

記者:Anne-Sophie Mallard @madame.figaro
URL:https://madame.lefigaro.fr/bijoux-et-montres/bulgari-haute-joaillerie-sustainable-sante-blockchain-virus-free-fund-180620-181386
掲載日:6月19日

ニュース内容

    • Bulgari Virus Free Fund(訳者注:宝石業のブルガリが最近設立したNGO。様々な種類のウイルスに社会が直面した際の対応のための革新的な研究を行う。)は現在、オックスフォード大学のジェンナー研究所とローマのラッツァーロスパランツァーニ国立研究所の2つを支援することに注力している。このプロジェクトでは、ブルガリが既に取り組んでいる、ラグジュアリーブランド向けのサプライチェーン・ブロックチェーン・ネットワークである”AURA”を用いて、当社のサプライチェーン上における活動をより細かくとらえられるようにする。このツールは言い換えれば、消費者が商品の真正性を示すだけでなく、与えられたすべてのユーロ(つまり寄付)を追跡することを可能にするものだ。
    • 「これは寄付を奨励する素晴らしい方法です」と、ブルガリのCSRディレクターでCSR LVMHイタリアメゾンのコーディネーター、エレオノラ・リッツートは述べる。透明性とパーソナライゼーションが高ければ、より多くの寄付が行われる。
    • また同グループはプラスチックの削減、カラーストーンとダイヤモンドのトレーサビリティのプログラム成功など、異なるセクターと協力して連帯ネットワークを構築し、持続可能な社会のための戦略に取り組んでいる。

トークンエクスプレス社のひとこと

    • ブルガリを傘下にもつLVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)は、Microsoft、およびブロックチェーン技術のリーディング企業の一つであるConsenSysとともにAURAというブロックチェーン・プラットフォームを、2019年5月に発表しています。
    • ラグジュアリー製品におけるブロックチェーンの利用は、最も進んでいる分野の一つです。それは、贋作対策という実利面のみならず、宝石の場合には原産地における人権侵害の防止等、持続可能な社会づくりに貢献できるという側面もあるためです。高級ブランドは、そのブランドが掲げる世界観を消費者が購入するという側面がありますので、持続可能な社会づくりへの貢献を見える形で消費者に示すということは、ブランド強化の側面でも直接的に有用な打ち手だといえます。それを実現する手段であるブロックチェーンの利用の推進には、それなりの規模の投資も可能でしょう。ラグジュアリー業界におけるブロックチェーン利用は、今後さらに幅を広げていくものと期待できます。
トークンエクスプレス株式会社では、国内外の持続可能な社会づくりに寄与する事業・プロジェクトの企画、構築、運用サービスを提供しています。ブロックチェーン技術に知見がありますが、その利用を前提とするものに限りません。
ご関心ある方は、お問い合わせページからお気軽にご連絡ください。