中国アント・グループ、中小企業の国際送金のためのブロックチェーン

以前本ブログでご紹介しましたが、中国のアリババ傘下のアント・グループは、ブロックチェーン技術を利用した金融プラットフォームの提供を通じて、国際送金の革新を目指しています。

関連記事
アント・フィナンシャル、パキスタンのマイクロファイナンス機関にブロックチェーンの国際送金サービスを提供
(本ブログ2月19日記事)

以前ご紹介した記事は、アントが提供するプラットフォームが、個人間の国際送金を簡便で安全にする、という内容でした。例えば、マレーシアに出稼ぎに出ているパキスタン人の自国への送金が簡便になる等です。

一方、アント・グループは最近、同社のブロックチェーン技術を用いた、企業間の国際取引のための金融プラットフォームを新たに提供すると発表しました。

関連外部記事
Ant Group Launches “Trusple,” an AntChain-Powered Global Trade and Financial Services Platform for SMEs and Financial Institutions
(アント・グループがAntChainを活用した”Trusple”という中小企業および金融機関向けの国際貿易金融サービスを発表)
メディア:businesswire
掲載日:9月25日

地理的な距離や国境が関係のないブロックチェーンにとって、国際送金は得意分野と言えます。

一方、ブロックチェーンが革新的な機能(ソリューション)を提供しても、金融サービスとして成り立つためには、実在の”人”とサービスとの接点の利便性をいかに向上するかや、既存の規制にいかに対応するかなど、解消しなければならない課題は山のように存在します。

本日ご紹介したアント・グループのプレスリリースには、プロダクトの機能の説明が多く、その「ビジネスモデル」に関する情報がほとんど含まれていません。個人間の送金や、中小企業間の金融など、多様なサービスを打ち出すアント・グループは、まさにブロックチェーン技術が活きるビジネスモデルを模索中なのではないかと想像します。

トークンエクスプレス株式会社では、国内外の持続可能な社会づくりに寄与する事業・プロジェクトの企画、構築、運用サービスを提供しています。
ブロックチェーン技術に知見がありますが、その利用を前提とするものに限りません。
ご関心ある方は、お問い合わせページからお気軽にご連絡ください。