来年3月施行、EUのESG関連規制

「持続可能な成長のための金融」の分野で、EUはどんどん先に進んでいます。2021年3月10日から、EUでは「金融サービス部門における持続可能性関連の開示に関する規則」という規制が、施行されます。

外部プレスリリース
Regulation on sustainability-related disclosure in the financial services sector
(金融サービス部門における持続可能性関連の開示に関する規制)
発信者:欧州委員会(European Commission)

これは、金融商品を提供する業者およびフィナンシャル・アドバイザーが、一般の投資家に商品を販売する際に、対象の金融商品について、持続可能性に関する情報開示を行うことを義務付ける規制です。

具体的には、持続可能性に関するリスク(環境、社会、またはガバナンス(ESG)に関する事件または条件が発生した場合、投資の価値に重大な悪影響を与える可能性)の情報、持続可能性に負の影響を与えるような事柄に関する情報、環境または社会面での特徴に関する情報などを、金融商品提供者やアドバイザーが提供することを求めています。

この規制は、持続可能な社会のための配慮に関する企業活動について、企業の情報開示のルールが定まっていない状況でも、金融商品提供業者やフィナンシャル・アドバイザーを介して、一般の投資家が持続可能な社会の実現に寄与する投資を行えるようにするための規制です。

一方で、EUは企業に対して、横並び比較ができる情報開示をさせるためのルール作りも進めています。

欧州委員会が着々と進める「持続可能な投資」規制と懸念の声

持続可能な成長のための金融については、EUが米国よりも一歩も二歩も進んでいる印象です。これは、理想主義的な理念に基づく行動というよりも、短期的な財務的リスクのみならず、金融業界の大きな潮流の変化を先取りする、戦略的な行動と言えます。

こうした規制の変更は、新たな市場プレイヤーを生み出します。欧州から新たなゲームの支配者が出てくるかもしれません。いずれ世界全体に及ぶであろうこの動きから目を離すことができません。

トークンエクスプレス株式会社では、中規模企業(従業員100人から300人程度の企業)の経営者様に、経営の可視化に関するサービスをご提供しています。ご関心ある方は、お問い合わせページからお気軽にご連絡ください。