MAGAZINE 情報発信
           array(1) {
  [0]=>
  int(2421)
}
           array(3) {
  ["icon"]=>
  string(69) "https://token-express.com/wp-content/uploads/2020/11/member_img01.jpg"
  ["name"]=>
  string(13) "紺野 貴嗣"
  ["description"]=>
  string(452) "トークンエクスプレス株式会社の代表。
大学卒業後、2009年から2017年まで独立行政法人国際協力機構(JICA)にて発展途上国の事業に対する開発金融実務に従事。 JICA退職後、コンサルタントとして中堅~大企業へ業務改革サービスを提供。その後、トークンエクスプレス株式会社を設立。 スペインIE Business School経営学修士(MBA)。" }

フランスの農業組合、鴨肉にブロックチェーンを適用

紺野 貴嗣
本ブログでは、持続可能な社会のためのブロックチェーンの活用等について、原典が外国語のものを中心にご紹介してまいります。

本日は、海外ニュース(フランス語)をご紹介します。

記者: Anne Sophie @plein champ.com
URL:https://www.pleinchamp.com/elevage/actualites/terres-du-sud-la-blockchain-appliquee-au-magret-de-canards
掲載日:2020年2月28日

ニュース内容

  • 仏農業組合Terres du Sudは、農業展示会での記者会見で、鴨肉産業で初のブロックチェーンを立ち上げると発表した。購入する製品の産地と品質を消費者に保証することが目標である。
  • 同組合の情報システムディレクターMaumy氏は「消費者や食品チェーンの関係者から十分に理解されているわけではありませんが、彼らにおいてブロックチェーンという言葉は実際には透明性とトレーサビリティしか意味しません」と述べる。具体的には、ラベルの QRcode をスキャンすると、消費者は、農場からお店までの製品情報を含む Web アプリにアクセスできる。
  • 透明性を保証するブロックチェーンは、食品に対する消費者の信頼喪失に対する良き回答として、同組合に登場した。仏南西部またはペリゴール地域で、96%が生産者によって行われた仕事であることを証明することを目的として、ブロックチェーン適用に選ばれたのはDelmondブランドの鴨肉だ。
  • 同組合の158の南西部のブリーダーによって毎年生産される250万羽の鴨は、3月からウェブアプリでデータを公開される。Maumy氏によると、ブロックチェーンは生産者に「作業を簡素化する」「書類の交換をデジタル化する」ことを求める。同氏にとって、「透明性は未来」であり、3年以内に家畜健康データの統合を目指して、組合の製品の100%をブロックチェーン化することを目指している。

トークンエクスプレス社のひとこと

  • 本ブログでは、これまでもフランスで広がる、食料品のトレーサビリティへのブロックチェーンの積極利用をご紹介してきました。例えば、以下のような記事です。

(2月6日掲載)
持続可能な小麦粉 “AXIANE”の背後にブロックチェーン

(2月20日掲載)
仏大手スーパーのカルフール、ボルドーでワイン用のブロックチェーンを展開

  • 今回の記事で取り上げられている主役は農業組合ということで、一見するとおよそブロックチェーンと縁のなさそうなローカルな主体がブロックチェーンに取り組むのだなと驚きました。そして、その驚きは、上記の2月6日の小麦粉の記事を発見したときにも感じた感覚でした。
  • まさか、と思って調べてみたら、思ったとおり、両方ともフラン・パリ所在の“Connecting Food”という名称のスタートアップが、今回の農業組合にも、以前ご紹介した小麦粉事業者にもサービスを提供しているようでした。一方で、上記の2月20日の記事で紹介したカルフールの例は、巨大企業IBMが提供するプログラムに参加するしているものです。新興企業”Connecting Food”の提供する(もしくは、しようとしている)サービスは、IBMのものと近しいように見え、真っ向勝負のようにも見えます。
  • しかし、そのようなグローバル・ジャイアントがまだカバーできていないローカルな主体に対し、スタートアップが類似のサービスを提供しシェアを獲得していくという構図は、ブロックチェーン事業黎明期の今だからこそみられる、エキサイティングな光景ではないでしょうか。
  • 今回の記事にある、「消費者や食品チェーンの関係者から十分に理解されているわけではありませんが、彼らにおいてブロックチェーンという言葉は実際には透明性とトレーサビリティしか意味しません」という農業組合の方の言葉はとても興味深いです。この言葉にあるとおり、ブロックチェーンは本来システムの裏側にあるものであって、サービスとしてはよりわかりやすい、訴求力のある打ち出し方が求められます。この点が、今、世界のブロックチェーン企業が模索しているチャレンジと言えるでしょう。また、この点こそ、スタートアップがグローバル・ジャイアントに勝ちうる点だとも感じています。
トークンエクスプレス株式会社では、国内外の持続可能な社会づくりに寄与する事業・プロジェクトの企画、構築、運用サービスを提供しています。ブロックチェーン技術に知見がありますが、その利用を前提とするものに限りません。
ご関心ある方は、お問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

CONTACT お問い合わせ

弊社は、「<社会的価値>をビジネスのチカラに」をスローガンに、御社のビジネスにおいて、社会課題の解決に寄与する側面の見える化・拡大・発信をお手伝いし、利益増大に貢献します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

トップへ戻る