MAGAZINE 情報発信

新たな投資トレンド、責任投資原則からESG投資確立までの世界的な取組み

トークンエクスプレス編集部

  
近年ニュースなどでも耳にするようになった、ESGという言葉。大企業でも注目を集め、次々と自社のホームページでESGへの取り組みを開示するようになりました。銀行や投資家は、企業のESGへの取り組みを指標とした投融資を行う流れに変化しています。

こうしたESG投資を意識したトレンドは、何をきっかけに始まったのでしょうか?
この記事では「ESG投資・責任投資原則とは何か」を踏まえた上で、筆者の仮説「ESG投資のトレンドの波が訪れたきっかけ」を簡単に説明します。さらに、中小企業がESGの各課題に取り組むメリットについてご紹介します。


ESGの歴史的背景にも精通するトークンエクスプレス株式会社では、「社会的価値をビジネスのチカラに」をスローガンに、お客様の事業に秘められた社会的価値を見出し、発信し、企業価値につなげることができます。

お気軽にお問い合わせください!

目次

  1. 言葉の定義
    ESG投資って何?
    責任投資原則って何?
  2. 日本において、ESG投資の認識が広まり始めた瞬間
  3. 市場平均よりも上回る!ESG投資のパフォーマンスをご紹介
  4. 中小企業が、今からESGを意識すべきワケ
  5. まとめ

1. 言葉の定義

ESG投資って何?

ESGとは、Environment(環境)・Social(社会)・Governance(ガバナンス)の頭文字を取って作られた言葉です。具体的な各項目への取り組みは、以下のようなものがあります。

  • E(環境): CO2の排出量削減、再生可能エネルギーの利用、生産過程における廃棄物の低減など
  • S(社会):女性の活躍推進、製品・サービス提供者としての責任、地域社会への配慮など
  • G(ガバナンス/企業統治):株主の権利と平等性の確保、適切な情報開示、社外取締役の設置など

これら3項目を重視し、投資先を選定するのが「ESG投資」です。このESG投資は年々拡大傾向にあります。その理由は「投資先が、健全で持続可能な経営を行うことに関するリスク・マネジメントへの意識の拡大」などです。

世界全体のESG市場規模は、2012年時点の13兆ドルから2018年には約31兆ドルと、6年間で約2.3倍にまで成長しています。(Global Sustainable Investment Review 2018, Global Sustainable Investment Alliance(GSIA, 世界持続的投資連合) )

ESGの市場規模について、詳細はこちらです。ぜひご参照ください。

責任投資原則って何?

責任投資原則(PRI:Principles for Responsible Investment)とは、投資家に対し長期的視点からESG情報を意識した投資を行うよう求めた、世界的な枠組みです。2006年にコフィ-アナン第七代国連事務総長の提唱により打ち出されました。

ここで期待されたのが、持続可能でグローバルな金融システムの構築です。その理由は、長期的な責任ある投資は、環境と社会全体に利益をもたらすと考えられたことにあります。この責任投資原則の流れを受けたESGに配慮した枠組みが形成されてきたことで、機関投資家を中心に意識が変化してきました。最近では、特に受益者のために長期的視点から最大限の利益を追求する義務がある機関投資家において、環境・社会・企業ガバナンス(ESG)がポートフォリオのパフォーマンスに影響を与える可能性が認識されるようになりました。その結果、投資を受ける側である企業の行動も変わりつつあります。

PRIは具体的に次の3つを通じて、グローバル金融システムの達成を目指しています。

  • 6つの原則(※1)の採択と実施のための協力促進
  • 優れたガバナンス、倫理観、説明責任の強化
  • 市場習慣や市場構造、規制内における持続可能な金融システムに対する障害の除去

※1 6つの原則
① 私たちは投資分析と意思決定のプロセスにESG課題を組み込みます。
② 私たちは活動的な所有者となり、所有方針と所有習慣にESG問題を組入れます。
③ 私たちは、投資対象の企業に対してESG課題についての適切な開示を求めます。
④ 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います。
⑤ 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために協働します。
⑥ 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。


以下、PRIに署名をしている機関数と合計資産残高の推移を表したグラフです。ESGに配慮した投資が年々拡大されていることが伺えます。

PRI署名機関数・合計資産残高の推移

出典:国土交通省|参考資料4-1 ESG投資の動向

2. 日本において、ESG投資の認識が広まり始めた瞬間

2006年に提唱されたESGを意識した投資の枠組み「責任投資原則(PRI)」ですが、これが日本で広く認識されるまでには時差がありました。

それには次の2つの理由が考えられます。

  • ESG投資が運用成績に与える効果が、不透明であったこと。
  • 機関投資家に対して、ESG投資を促す政府や世論など外部からの圧力が希薄だったこと。

その風潮が大きく変わった潮目は2014年頃です。第二次安倍政権下の「日本再興戦略」において、ESGの特にG(企業統治)が、当時の日本企業にとって急務とされていた「稼ぐ力」向上(中長期的な収益性・生産性を高めること)を可能にすると明示されたことでした。(※2)

持続的な経営を行なっていくために、社外取締役の積極的な活用や投資家との対話など企業統治を強化していく必要性が公に認められたのです。ここから徐々に「ESGへの取り組みが企業価値に貢献する」との認識が広まっていきました。

Russel社のアンケート調査では、日本を含む世界中のアセット・マネージャーの8割が投資判断する上で最も重視するのは、ESGのうち「G(企業統治)」であると答えています。投資家の目線からも、中長期的に収益性を高める上でGを向上させる有効性が認められているわけです(詳しくはこちら)。


※2 当時の安倍政権が「稼ぐ力」向上を急務としていたのは、以下の2つの認識があったからでした。
●日本企業の生産性は欧米企業に比して低い。特にサービス業をはじめとする非製造業分野の低生産性は深刻。これが日本経済全体の足を引っ張っている。
●グローバルな市場で戦っている産業・ 企業には、市場環境の変化への対応が遅れている。それにより苦戦を強いられているケースが多い。


さらに1年後の2015年9月、安倍元首相は国連で世界最大の年金機関GPIF(※3)が責任投資原則(PRI)に署名したことを公表します。この影響で他の機関投資家の間でESGを考慮する動きが広がり、それに対応する形で大企業は企業価値向上の一助としてESGへの取り組みを活発化させていきました。


※3 GPIFとは
Government Pension Investment Fund(年金積立金管理運用独立行政法人)の略であり、年金制度を数世代先も持続するための組織のことです。150兆円を超える金額を5,111銘柄の株式と13,919銘柄の債券に投資することで、年金の財源の一部である積立金を増やしています。
そんなGPIFがESG投資をする理由は、長期的に継続してリターンを得ることにあります。対象は幅広く、世代をまたぐ超長期的な投資を行っているGPIFが長期的な利益を得るためには、経済全体のリスクを減らす必要があるのです。


3. 市場平均よりも上回る!ESG投資のパフォーマンスをご紹介

GPIFによると、2017年4月から2020年3月までの3年間及び2019年4月から2020年3月までの1年間のパフォーマンスについて、GPIFが選定した5つのESG指数が親指数及び市場平均(国内株式: TOPIX、外国株式:MSCI ACWI(除く日本))を上回る結果となりました(詳しくはこちら)。

注 超過収益率:ファンドやポートフォリオのベンチマークを上回るリターンのこと(アクティブ・リターンともいう)。

以下は2017年4月から2020年3月までの3年間について、上記でGPIFが選定した4つのESG指数(国内株式)の相対価格の推移を見たものです。2017年4月から2018年3月の期間では、 ①~③のTOPIX相対株価が1を下回って低下傾向でしたが、2018年に入ると上昇傾向となり1近辺まで上昇しています。2019年3月以降(赤枠の期間)は、①~④でばらつきはあるもののTOPIX相対株価は概ね1を上回って上昇し、そのまま上昇傾向が続きました。

ここまでご紹介したのは短期間における検証結果です。GPIFは、ESG投資は長期にわたるほどリスク調整後のリターンを改善する効果が期待されると考えており、長期的な検証の必要性を訴えています。

4. 中小企業が、今からESGを意識すべきワケ 

「ESGが株価に良い影響をもたらすことは分かった!でも中小企業のうちには関係ないのでは?」そんな風に感じた方がいらっしゃるかもしれません。

ここからは、中小企業が今からESGを意識すべきメリットを順に説明してまいります。
会社がESGに着目した取り組みを行うとき、享受できるのは次の3つです。

  • 新規取引先の獲得・大手企業との取引存続
  • 銀行や投資家からの資金調達
  • 従業員が働くモチベーションの向上・維持

本記事では1つ目の新規取引先の獲得・大手企業との取引存続に関して、詳しく述べていきます。残りの2つのメリットや実際の中小企業によるESGの取り組み事例に関しては、こちらでご紹介しております。よろしければご参照ください。

新規取引先の獲得・大手企業との取引存続

ESGに取り組む大企業や上場企業のあいだで、サプライチェーン全体を通じて「企業の社会的責任」を果たすべきという考え方が一般的になってきているため、大企業や上場企業がサプライチェーン上にある中小企業に対し、ESG関連の取り組みを求めていく動きが今後増えると予想されています。

ESGをサプライチェーンにまで当てはめようとするとき、「CSR調達」の考え方が有効です。

このCSRとは「企業の社会的責任(corporate social responsibility)」の略語で、企業が組織活動を行うにあたり担っている社会的責任を指します。すなわち、企業が事業を行うとき、従業員、消費者、投資者、環境などへの配慮から社会貢献まで、幅広い内容を考慮しながら適切な意思決定を下す必要があるという考え方です。

具体的には、トヨタ自動車は「クリーンで安全な商品の提供を使命とし、あらゆる企業活動を通じて住みよい地球と豊かな社会づくりに取り組む」を基本理念とし、サプライヤーに対してもその責任を全うする必要性を訴えています。

ソニーグループも、製品のサプライチェーン (調達・生産) における全てにおいて、社会的責任を追求する姿勢を明らかにしています。ここでサプライヤーや生産委託先を含む生産現場まで言及されているのです。

では、CSRを自社のサプライチェーンまで浸透させることでどのようなメリットがあるのでしょうか?以下、一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン サプライチェーン分科会が2017年度にまとめた「CSR調達入門書-サプライチェーンへのCSR浸透-」のメリットと、実際の社会・環境リスク事例です。

サプライチェーンに対するESGへの取り組みの要求も高まっていく今日。上場企業や大企業との新規取引の開拓や既存取引の維持を叶えるためには、今から自社におけるESGへの取り組みをアピールしておきたいところです。

環境問題やジェンダー平等など、ESGに配慮した経営と情報開示を行う企業は取引先として選定されやすくなるでしょう。中小企業によるESGの取り組みについて、こちらで実例を紹介しておりますのでぜひご参照ください。

5. まとめ

ESG投資って何?

Environment(環境)・Social(社会)・Governance(ガバナンス)を意識した投資のこと。

責任投資原則って何?

2006年に国連で提唱された、投資家に長期的視点でESGを意識した投資を行うよう求めた世界的な枠組みのこと。

筆者が考えるトレンドチェンジの瞬間

  • 2014年ごろ〜第二次安倍政権下ので、「ESGの、特にG(企業統治)への取り組みが中長期的な企業価値の持続・向上に貢献する」との認識が公に明らかにされたこと。
  • ついで、世界最大の年金基金GPIFの責任投資原則への署名を安倍前首相が国連で明らかにしたこと。

市場平均よりも上回る!ESG投資のパフォーマンスをご紹介

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がESG投資の枠組みとしている5つの指数について、パフォーマンスが直近3年間では市場平均を上回る結果となっている。

中小企業がESGに取り組むべき大きな理由

以下の3つにより、中小企業が今からESGに取り組むべきだと考えます。

  • 新規取引先の獲得・大手企業との取引存続
  • 銀行や投資家からの資金調達
  • 従業員が働くモチベーションの向上・維持

日本において広く浸透しつつあるESG投資。今後さらにESG投資の流れは加速するものと予想されます。そのため「ESGに取り組んでいるかどうか」は大企業だけでなく、中小企業にも大きな影響を与えていくでしょう。

なぜなら、取引先となる大企業や銀行でESGへの取り組みが当たり前になっていく過程で、サプライチェーン上や投資先となる中小企業にも、同様の取り組みを求めていくことが推測されるためです。

一方で、「ESGに自社を合わせよう」とすることは、本末転倒です。一般的に、どのような事業でも、社会に好影響を与える要素を持ってます。その要素(社会的価値)を起点に、ESGにつながるものを見つけ出し、伸ばし、発信していくことが重要です。

ESGの歴史的背景にも精通するトークンエクスプレス株式会社では、「社会的価値をビジネスのチカラに」をスローガンに、お客様の事業に秘められた社会的価値を見出し、発信し、企業価値につなげることができます。

お気軽にお問い合わせください…!

2021年9月22日更新

CONTACT お問い合わせ

弊社は、「<社会的価値>をビジネスのチカラに」をスローガンに、御社のビジネスにおいて、社会課題の解決に寄与する側面の見える化・拡大・発信をお手伝いし、利益増大に貢献します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

トップへ戻る