MAGAZINE 情報発信
           array(1) {
  [0]=>
  int(2421)
}
           array(3) {
  ["icon"]=>
  string(69) "https://token-express.com/wp-content/uploads/2020/11/member_img01.jpg"
  ["name"]=>
  string(13) "紺野 貴嗣"
  ["description"]=>
  string(452) "トークンエクスプレス株式会社の代表。
大学卒業後、2009年から2017年まで独立行政法人国際協力機構(JICA)にて発展途上国の事業に対する開発金融実務に従事。 JICA退職後、コンサルタントとして中堅~大企業へ業務改革サービスを提供。その後、トークンエクスプレス株式会社を設立。 スペインIE Business School経営学修士(MBA)。" }

ESGスコアは「持続可能性」を必ずしも表さない

紺野 貴嗣

ESG投資において中心的な判断基準となっているESG格付は、環境(E)、社会(S)、適切な企業統治(G)という全く異なる尺度の観点をまとめて評価をしています。もっと言えば、E、S、Gのそれぞれでも異なる価値基準での項目ごとに評価を行い、それをまとめ上げてE、S、Gそれぞれの評価を作っています。

このようなESG格付の背景により、ESGスコアの高い企業が、必ずしも「環境にやさしい」といったイメージに合致する企業とはならない、という実態を生んでいるという指摘があります。すなわち、ESGというと「持続可能」や「サステナビリティ」といった言葉のイメージが浮かびますが、実際は高いESGスコアを持っている企業が持続可能な事業を運営しているとは限らない、ということが起こります。

関連外部記事
Lack of transparency in ESG funds criticised
記者:ELIZABETH MCARTHUR @FINANCIAL STANDARD
掲載日:9月3日

新型コロナウイルス流行後に資金流入の勢いを増すESG投資ですが、その資金の出し手がESG投資に抱く期待に応えられるインフラを、金融業界は用意しきれていないと、私は考えています。すなわち、ESG投資の実態と、その資金の出し手がもつESGのイメージとに乖離があるのです。

しかし、今般のESG投資への資金流入は、このイメージの乖離を埋めるサービスが生まれる素地を提供していると感じます。インフラの未整備箇所を指摘し、それを埋めるサービスに価値が認められるようになり、そのサービスが収益を生めるようになるためです。

今後数年間、ESGまわりで誕生するサービスに要注目です。

トークンエクスプレス株式会社では、中規模企業(従業員100人から300人程度の企業)の経営者様に、経営の可視化に関するサービスをご提供しています。ご関心ある方は、お問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

CONTACT お問い合わせ

弊社は、「<社会的価値>をビジネスのチカラに」をスローガンに、御社のビジネスにおいて、社会課題の解決に寄与する側面の見える化・拡大・発信をお手伝いし、利益増大に貢献します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

トップへ戻る