MAGAZINE 情報発信

日本政府によるSDGs取り組み評価。受賞の中小3社をご紹介

トークンエクスプレス編集部

 
SDGsという言葉を耳にする機会が増えましたね。大手企業を筆頭に自社のホームページでSDGsに関する活動内容を開示され、新聞にはSDGs関連イベントが頻繁に掲載されるようになりました。SDGsは私たちの生活により身近な存在になりつつあります。

この記事では、「SDGsとは何か」「経済界/企業がなぜSDGsへ取り組むようになったのか」について簡単にご紹介いたします。加えて、日本政府によるSDGs取り組み評価制度「SDGsアワード」と、受賞した中小3社の事例をみていきましょう。

―――――――
トークンエクスプレス株式会社は、「社会的価値をビジネスのチカラに」をスローガンに、お客様の事業に秘められた社会的価値を見出し、発信し、企業価値につなげます。

お気軽にお問い合わせください…!

目次

1. SDGsって何?

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、「持続可能な開発目標」と訳され、より良い世界を目指すために定められた国際目標です。SDGsは2015年9月に国連サミットで採択されました。「誰一人取り残さない」ことを理念に、先進国を含む全ての国が取り組むべき普遍的な目標となっています。

具体的には2030年までを期限とし、以下17のゴール達成を目標に掲げています。

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 使う責任

13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさを守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

また取り組むにあたり、5つの原則が重視されています。

  • 普遍性:先進国を含め、全ての国が行動すること
  • 包摂性:人間の安全保障の理念を反映し「誰一人取り残さない」取り組みを行うこと
  • 参画性:全てのステークホルダー(政府、企業、NGO、有識者等)が役割を担うこと
  • 統合性:社会・経済・環境に統合的に取り組むこと
  • 透明性:達成目標を定め、モニタリングで定期的に評価・公表すること

2. なぜ企業はSDGsに取り組み始めた?


企業がSDGsに取り組み始めた大きな契機

SDGsという言葉が広く認知されるようになった理由は何でしょうか。それは、SDGsが貧困や飢餓など開発途上国の課題だけではなく、成長・雇用や技術革新、ジェンダーや気候変動など先進国の課題も含むものであるからです。

とはいえ、企業がSDGsに関心を向けるようになったのには大きな契機がありました。それは2017年1月の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、ある調査結果が明らかにされたことです。

「SDGsを達成すると、2030年までに少なくとも12兆ドルの経済的価値が企業にもたらされる。経済的価値は2、3倍にもなりうる」

この調査結果は、世界を率いる多国籍企業の最高経営責任者(CEO)や学者、労働組合幹部などのメンバーで構成されたチームによって発表されたもので、「企業がSDGsを達成する上で主要な役割を担っている」と指摘しています。これをきっかけに経済界はSDGs達成へ大きな関心を寄せるようになりました。

その後、2017年6月には日本政府も動き始めます。まずはSDGs達成に関して優れた取り組みを行う団体を表彰するジャパンSDGsアワードが外務省主催のイベントとして設立されました。同年12月には、第1回「ジャパンSDGsアワード」へ、282の企業・団体が応募しています。

また2017年11月には、経団連がSDGs達成のために企業行動憲章(※)を改定しました。2017年を機に、経済界全体としてまた企業一社一社が、SDGs達成のために舵をきったことがわかります。

※ 企業行動憲章ー日本経済団体連合会が、企業に対して責任ある行動を求める原則のこと。「民主導による豊かな社会の実現のためには、企業が高い倫理観と責任感を持って社会から信頼と共感を得る必要がある」という認識によって、1991年以降より提唱されている。

企業が遵守、実践するべき項目として日本経済団体連合会が提唱している倫理規定のこと。 社会的責任を踏まえた各企業の自主的な活動の奨励を目的としている。

企業がSDGsに取り組むメリットはあるのか

では、中小企業がSDGsへ取り組むメリットはあるのでしょうか。それはズバリ、SDGs達成に貢献する製品やサービスの市場規模が大きく、ビジネスチャンスの獲得が見込めることです。例えばSDGsが解決された社会を想定した場合、今この瞬間必要とされる製品やサービスが数多く存在します。それらを企業が創出するというビジネスチャンスがあるのです。

以下の表は、デロイトが2017年時点での世界全体での市場規模をもとに、SDGsの各目標ごとの市場規模を試算し、具体的な関連製品・サービスを明記したものです。このデータから、「SDGsビジネス」の市場規模は小さいもので70兆円、大きなもので800兆円程度に上ることが明らかになりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: qsNjaN3Ko1qN31RbACTz6_mhcoW_YbKmE5bMhE18BQUpM4ix4Wc_KcPyghIDOesOlzQgyWf0RUSNCM4AA0vBzqQlfbo8ORFchyJCTGOrdxx9yP5W5OdpVAD0iORQsXRpRLQ1MH9-
(引用:デロイトトーマツ「各目標の市場規模」)

とはいえ、「新たにSDGsを意識した製品やサービスを開発してください。そうすれば、ビジネスチャンスを掴めますよ。」そうお伝えしたいわけではございません。

デロイトはその試算と合わせて、実は既に日本企業が提供している製品・サービスがSDGs達成に貢献する製品・サービスであることが多い事実も訴えています。

例えば「目標1:貧困を泣くそう」については、SDGsの本文において「貧困」「社会保護」「基礎的サービス」等のキーワードが含まれます。ここから、例えば教育やワクチン等がSDGs達成に貢献する製品・サービスに値することがわかります。さらによく見ると「災害」「強靭性(レジリエンス)「気候変動」等少し意外に思われるキーワードも含み、ここから例えば「防災関連製品」「気象・災害予測・警報」等もSDGsの関連商品として、捉えることができるのです。

中小企業がSDGsへの取り組みを明らかにするメリットがあるのか

ここまでで、SDGs達成に寄与する商品の市場規模の大きさについてお伝えしてきました。では、中小企業がSDGsへの取り組みを明らかにするとはメリットは何でしょうか。

結論からいうと、企業の知名度アップや売上への直結という大きなメリットがあります。これは、株式会社電通パブリックリレーションズが2020年6月に日本全国10,500人を対象に行った調査で明らかになりました。同調査では、企業のSDGsへの取り組みを知った生活者の4人に1人がWebサイトを閲覧し、5人に1人は商品の購入やサービスの利用まで至った経験があるということです。

3. 外務省主催 ジャパンSDGsアワード

ここからは、実際にSDGsへの取り組みを評価する表彰制度「ジャパンSDGsアワード」についてご紹介します。

ジャパンSDGsアワードとは?

ジャパンSDGsアワードとは、2017年6月に設立された、SDGs達成のために優れた取り組みを行っている企業や団体を表彰する制度です。毎年、行政、国際機関、民間セクターや有識者など関係者が集う「SDGs推進円卓会議」での話し合いによって、受賞対象が決定されます。

最も優れた団体には総理大臣による本部長賞が、その他4団体には、官房長官・ 外務大臣による副本部長賞が与えられます。加えて、特筆すべき功績があったと認められる企業・団体等についてはパートナーシップ賞が与えられています。

ジャパンSDGsアワード受賞のメリットは?

このジャパンSDGsアワード受賞のメリットは、受賞後にその企業や団体の認知度が拡大することです。外務省のホームページに企業の名前や取り組みが掲載されることは、確かに自社の宣伝効果と価値の増強につながるでしょう。この宣伝効果については、こちらの「SDGsプロモーションとは?具体例・事例から学ぶビジネスを拡大する方法」にも詳しく説明されています。

Googleトレンドで受賞前後の検索数を調べてみると、受賞後に検索数が増加しています。

一例として、2018年に最優秀の本部長賞を受賞したみんな電力株式会社の検索状況について見てみましょう。

上の図をご覧いただくとわかるとおり、SDGsアワードの受賞前後で、検索の人気度が4倍まで伸びています。

4. ジャパンSDGsアワード受賞の中小3社ー取り組みと評価内容

ここから、実際にSDGsアワードで受賞した中小企業3社の取り組みと評価内容を見てみましょう。実例を知ることで「外部から自社の取り組みを評価されることで認知度と利益を向上させるには、どのようにSDGsを取り入れると良いか」、皆様のヒントになれば幸いです。

今回は2020年のSDGsアワードで最優秀の本部長賞を受賞した「みんな電力株式会社」とパートナーシップ賞を受賞した「株式会社キミカ」株式会社エムアールサポート」を取り上げます。

1)みんな電力株式会社

みんな電力株式会社は、東京都に本社を置く電力事業会社です。

具体的には、電力の小売や再生可能エネルギー発電所の開発・販売・メンテナンスを行っています。従業員数は約75名。政府は、SDGsの7. 9. 13. 17. のゴールに関連した3つの取り組みを評価しました。

  1. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  2. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  3. 気候変動に具体的な対策を
  4. パートナーシップで目標を達成しよう
  • 「顔の見える電力™」をコンセプトに、 2016年から再生可能エネルギーを小売事業として供給していること。
  • 複数のコンピュータに、全ての取引を記録する手法「ブロックチェーン」を活用し、「どの発電所からどれだけの電気を買ったのか」見える化していること。同社は「電力トレーサビリティシステム」(※)の商用化を世界で初めて実現させた。

※ 電力トレーサビリティシステムとは、電力の流通経路を生産段階から最終消費段階まで追跡可能にしているシステム。

  • 2019年から、青森県横浜町の発電事業者と神奈川県横浜市の需要家を電気で結ぶ「横横プロジェクト」 を行っていること。風力発電による再生可能エネルギーの生産が盛んな横浜町とエネルギーの大消費地である横浜市との間で、電気を通じた地域循環共生圏を構築。都市の脱炭素化の推進と地方の経済活性化を目指していること。

2)株式会社キミカ

株式会社キミカは、東京都に本社を置く「アルギン酸」専業メーカーです。具体的には、コンブやワカメなどの海藻から天然の食物繊維である「アルギン酸」(※)を抽出し、食品/繊維加工を行う会社や飼料・肥料の製造会社へ販売を行っています。

アルギン酸ーコンブ、ワカメに代表される褐藻類に特有な天然多糖類。コンブやワカメの主成分で、天然の食物繊維。食品や繊維加工、飼料・肥料等に不可欠な素材である。

従業員数はグループ全体で約378名。政府はSDGsの1. 7. 12. 14. のゴールに関連する、同社の取り組み4つについて評価しました。

1. 貧困をなくそう
7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
12. つくる責任 使う責任
14. 海の豊かさを守ろう

  • 環境に優しいビジネスモデルを確立していること。具体的な内容は次の2つ。
  1. 生きた海藻ではなく、浜辺に打ち上げられた漂着海藻を原料に「アルギン酸」を抽出。
  2. 砂漠のある乾燥帯を利用することで、電力も熱源も消費せず海藻を乾燥・保管していること。 • 30年以上にわたり継続的かつ安定的にチリの漁民から海藻を買い取り、収入の安定化に寄与していること。
  • 海藻乱獲を抑制し、またアルギン酸を抽出し不要になった海藻の残りを、良質な土壌改良材としてチリの近隣農家に無償提供。地域貢献をしていること。
  • 本業の事業で、業界における世界トップメーカーに成長しつつ、環境・社会・経済価値の両立を実践していること。企業のロールモデル的存在になっていること。

3)株式会社エムアールサポート

株式会社エムアールサポートは、京都府に本社を置き、舗装修譜工事に関する測量をドローンとレーザースキャナーを用いて行う会社です。

従業員数は正社員12名。政府はSDGsの1. 5. 8. 10. 11. のゴールに関連する、同社の3つの取り組みを評価しました。

1. 貧困をなくそう
5. ジェンダー平等を実現しよう
8. 働きがいも経済成長も
10. 人や国の不平等をなくそう
11. 住み続けられるまちづくりを

  • 従来危険な道路上で行っていた舗装修繕工事に係る業務を、室内のパソコンで行えるようにし、性別や年齢、体力や障がいの有無に左右されない雇用を創出したこと。結果、人手不足や貧困問題の解消でSDGs達成に貢献していること。
  • 従業員の安全性や働きやすさの向上に貢献したこと。
  • 仕事を通してパソコンの操作方法習得を含む労働者のICT教育にも寄与していること。

5. まとめ

今回は、「SDGsとは何か」「企業がSDGsに取り組むようになった経緯」、そして「中小企業のSDGsへの取り組みが日本においてどのように評価されているのか」SDGsアワードを例にご紹介しました。

SDGsは上場企業が取り組むもの。実は決してそうではなく、中小企業でも取り組みが評価される機会があり、メリットを享受できることを認識いただけたのではないでしょうか?

一方で、本記事では詳細を述べませんでしたが、「SDGsに自社を合わせよう」とすることは本末転倒です。一般的にどのような事業でも、何かしら社会に好影響を与える要素を持っています。その要素(社会的価値)を起点に、SDGsにつながるものを見つけて伸ばし、発信していくことが重要です。

トークンエクスプレス株式会社は、「社会的価値をビジネスのチカラに」をスローガンに、お客様の事業に秘められた社会的価値を見出し、発信し、企業価値につなげます。

ぜひお気軽に、お問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ

弊社は、「<社会的価値>をビジネスのチカラに」をスローガンに、御社のビジネスにおいて、社会課題の解決に寄与する側面の見える化・拡大・発信をお手伝いし、利益増大に貢献します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

トップへ戻る