MAGAZINE 情報発信
           array(1) {
  [0]=>
  int(2421)
}
           array(3) {
  ["icon"]=>
  string(69) "https://token-express.com/wp-content/uploads/2020/11/member_img01.jpg"
  ["name"]=>
  string(13) "紺野 貴嗣"
  ["description"]=>
  string(452) "トークンエクスプレス株式会社の代表。
大学卒業後、2009年から2017年まで独立行政法人国際協力機構(JICA)にて発展途上国の事業に対する開発金融実務に従事。 JICA退職後、コンサルタントとして中堅~大企業へ業務改革サービスを提供。その後、トークンエクスプレス株式会社を設立。 スペインIE Business School経営学修士(MBA)。" }

国連とスイスが支援、カカオ・バリューチェーンへのブロックチェーン適用@ガーナ

紺野 貴嗣
本ブログでは、持続可能な社会のためのブロックチェーンの活用等について、原典が外国語のものを中心にご紹介してまいります。

本日は、海外ニュース(原典フランス語)をご紹介します。

メディア:COMMODAFRICA
URL:http://www.commodafrica.com/18-03-2020-au-ghana-lonudi-planche-sur-la-technologie-de-la-blockchain-pour-le-cacao
掲載日:3月18日

ニュース内容

国連&スイス、ガーナ・カカオ産業のブロックチェーン適用を支援

国連産業開発機構(UNIDO)は、ガーナのカカオ・バリューチェーンがブロックチェーン技術を適用する準備ができているか、評価する方法のテストをしている。スイスの経済省(SECO)による資金提供のもと、SIM Supply Chain Information Management BV(訳者注:オランダのコンサルティング企業)とUNIDOが提携して実施している、ガーナのグローバル品質基準プロジェクト(Global Quality and Standards Project, GQSP)は、第4次産業革命への参入を希望するガーナに対して、特定のバリューチェーンでブロックチェーン技術を導入する課題と利点について助言する方法を検討している。

主要リスク分析含め、適用可能性調査を実施

調査ミッションはガーナのカカオ・バリューチェーンの方法論を検証し、技術採用のための勧告をまとめた。また、ミッションは、主要なリスクとトランザクションをマッピングして把握し、採用に向けた準備状況を特定するため、カカオ・バリューチェーンの利害関係者と面談を重ねた。参加者には、農家、主要生産者、協同組合、輸送業者、倉庫、ガーナカカオボード(Cocobod)、ライセンス購入会社(LBC)、品質管理会社(QCC)、カカオマーケティングカンパニー(CMC)、カカオ研究所(CRIG)、カカオ保健拡張部(CHED)がいる。

「この方法論の結果は、ガーナのカカオバリューチェーンにおけるブロックチェーンの適用の最初のマイルストーンで、それは次のステップのための基礎を築くだろう」と、GQSPの最高技術顧問Safoa Oseiは述べた。

トークンエクスプレス社のひとこと

弊社の未来予測の実例

本日ご紹介させていただいた記事に出会った時、私はとても興奮しました。なぜなら、弊社が創業した際にこうなるだろうと考えた未来ビジョンの一部が、証明された事例だったからです。

それは、従来より公共事業を行う際に取られていた事業構築の方法が、公共性を持つブロックチェーン事業が検討される際にも適用されるようになるだろう、という予測です。具体的には公的な機関が資金を提供し、ブロックチェーンに知見を持つコンサルティング企業が実現可能性調査(Feasibility Study, F/S)を実施するという座組が一般的になるだろう、というものです。これまでブロックチェーン事業は、営利企業が限られた(閉じられた)関係者間で実証試験を行う事例が多かったので、多様なアクターを巻き込んだF/Sを実施するというケースは、あまり聞きませんでした。

本日ご紹介した事例はまさに弊社が今後主流になるだろうと予測したような、スイス政府が資金を提供し、国連(UNIDO)と民間のコンサルティング会社がF/Sを行う座組でプロジェクト組成が行われた事例です。

スイス経済省の国際開発におけるアプローチ

今回資金提供したスイス経済省(SECO)は、実は私はエジプト駐在時代に、緊密に協調関係をもって仕事をした相手です。エジプトのマイクロ保険(小さな金額で加入できる生命保険)サービスを適法化し(元々は法制度の整備が追いついておらず、法的にグレーな部分があったのです。)、産業として成長できるよう、規制官庁と業界団体との協力モデル構築をしたりしていたのですが、その過程でSECOとも協調していました。

SECOは国際開発にかける予算規模は大きくないのですが、先進的な事業モデルの組成等に支援を行う、進んだセンスの持った開発機関でした。

今回の事例も、ブロックチェーンという先進技術の社会開発事例の創出に、その事業モデル構築という側面から支援しているという点で、SECOらしい取り組みだなと感じました。

トークンエクスプレス株式会社では、国内外の持続可能な社会づくりに寄与する事業・プロジェクトの企画、構築、運用サービスを提供しています。ブロックチェーン技術に知見がありますが、その利用を前提とするものに限りません。
ご関心ある方は、お問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

CONTACT お問い合わせ

弊社は、「<社会的価値>をビジネスのチカラに」をスローガンに、御社のビジネスにおいて、社会課題の解決に寄与する側面の見える化・拡大・発信をお手伝いし、利益増大に貢献します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

トップへ戻る