お知らせ

News

scroll

2022.11.25

【実績紹介更新のお知らせ】株式会社雨風太陽様のインパクトIPO支援

実績紹介のページを更新しました。 

株式会社雨風太陽様のインパクトIPOに向けた、事業のインパクトの可視化、およびステークホルダーとの対話準備の支援の実績を掲載しました。 

インパクトIPOとは、事業を通じて社会のポジティブな変化(インパクト)を実現しようとする企業が、株式市場に株式を上場させることを言います。上場後、より一層の事業成長に加え、上場企業としての義務を果たしながら、ポジティブで測定可能な社会的・環境的インパクトの創出を維持・拡大させることを念頭においています。 
※インパクトIPOのより厳密な定義等については、本リリース末尾の「インパクトIPOに関する参考資料」をご覧ください。 

<当社代表紺野のコメント > 
「トークンエクスプレス社は、『インパクトを、企業から』をビジョンとし、企業にインパクト思考を用いたサービス提供を行ってまいりました。雨風太陽様とは2020年から長いお付き合いをさせていただいているなかで、今回、インパクトIPOのご支援をさせていただきました。
昨今インパクト投資への注目が高まっています。そのなかで、事業を通じたインパクトの創出を追求する企業が、株式上場というイベントを経験した後にそのインパクト創出の追求が減速しないために、むしろ加速するために、IPOにどのように臨むべきかが議論されてきました。株式の上場を経て多数の新たな株主を迎えてもインパクト創出を変わらず追求し続けられるようなIPOへの臨み方、それがインパクトIPOという言葉の要諦です。 
雨風太陽様には、日本におけるインパクトIPOの良き先行事例となっていただけるものと確信しております。 

株式会社雨風太陽 
「都市と地方をかきまぜる」をミッションとし、野菜、魚介類、果物などの生産者と消費者を直接つないで売買を可能とするウェブサイト「ポケットマルシェ」の運営等、複数事業を展開。 

<トークンエクスプレス株式会社> 
トークンエクスプレス株式会社はインパクト思考を通じ、収益とインパクト創出の両立を目指す組織を支援するプロフェッショナルです。 
インパクト投資とIMMの最前線の知見を元に独自メソッドを開発。インパクト創出に必要なマインド&スキルセット導入により、インパクト設計・測定・創出の自走する仕組みづくりと、インパクト思考組織への変革を支援します。 

<インパクトIPOに関する参考資料> 
一般財団法人社会変革推進財団(SIIF)プレスリリース 
インパクトIPO実務的示唆と展望「インパクトIPO実現・普及に向けた基礎調査」発行 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000049509.html